« LL45床防音につきまして(木質直貼り床材) | トップページ | もう、手放せません♪ »

2006年6月16日 (金)

集合住宅のそれぞれの規約

「 畳から(カーペット)からフローリングにしたいんだけど・・・」

集合住宅は、戸建と違って防音についてを事前によく考えてリフォームしなくてはいけません。
「素人だから業者任せでいいの」もどうかと思います。
せっかくリフォームして快適な暮らしができると思っていたのに、今までよりももっと住みづらくなってしまったなんて事のないようにしなくてはいけませんよね。
何年も住んでいるのに、リフォーム時にはじめて自分の住宅の決まり事を知ったりします。そんなにここのマンションって規則がうるさかったの?とがっかりせずに、それだけ管理が行き届いていると解釈し、心地の良い空間をリフォームで得て欲しいと思います。
 
先ずは、ご自分のマンションをリフォームする際のいろいろな規約を管理組合へ問い合わせをして把握することをおすすめします。
(親切な業者によっては、全てをお任せすることもできます。)
これをしっかりと把握していないと施工後にさまざまなトラブルに巻き込まれることもあります。

例えばその集合住宅によって、していい事、してはいけない事が異なる場合があります。
その、してはいけない施工を勝手に業者にされてしまうと後で現状に戻さなくてはいけなくなり、返って大掛かりな施工になってしまいます。まだ、その業者が元に戻す施工費を全て持ってくれればいいですが、よく聞く例ではほとんどが「間違った施工はしていない」と残念ながらそのまま知らんぷりされてしまうケースが多いそうです。

また築年数があまりに古いとリフォームに対して、何も規約が無い住宅もあります。そんな時こそ、どんな材料を選び、どんな施工をするのかを業者とお施主様でじっくりと相談して判断することが大事だと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ

|

« LL45床防音につきまして(木質直貼り床材) | トップページ | もう、手放せません♪ »

■集合住宅(リフォーム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118568/2290226

この記事へのトラックバック一覧です: 集合住宅のそれぞれの規約:

« LL45床防音につきまして(木質直貼り床材) | トップページ | もう、手放せません♪ »