2007年1月11日 (木)

施主と業者の立場から見た建築(新築とリフォーム) VOL.1

お正月休み以来、空いた時間にいろんなサイトやブログを見に
出かけてました。たまたま、自分の仕事のサイトのリニューアルに
向けて何か良いデザインは無いかな~と参考までに
開いてたのもあるのだが・・・

そんな中
「住宅関連」のブログを多く目にしました・・・。
新築やリフォーム中のいろんな人の感想が書かれている
ブログです。
そしてそれを読んで私はいろんなことが頭の中を駆け巡りました。

そこで、ちょっと珍しくまじめな話になってしまいますが、
建築について今まで私自身が感じたあれこれを何回かに分けて
書き込みしていきたいと思います。
(つまんなかったらごめんなさい^^;飛ばして!)

十数年前、まだ今のような建築の仕事に私が携わっていない頃に、
両親と妹家族と現在の住まい、三世帯住宅を建てました。
(ゆくゆく妹家族は別に建てる予定)
一瞬「三世帯住宅」って聞くと皆決まって「すご~い!」って
言いますが、二世帯住宅ならまだしも、一つの家を3つに
区切るのですから、現実は一世帯のスペースは、
ほんと狭いんですよ。

そして、私たちが散々、探し回ってやっと決めたその住まいは

「建築条件付き」でした。
「条件付き」なんて、何だか気が進まなかったんですけど、どうしても
その土地を母と私は欲しくて仕方なかったのですよ。
でも、せめてもの幸いは建売では無いのである程度、自由な設計に
注文することができる、でした。

その頃は、もちろん「施主」の立場からしか全く考えずの私です。
そして、今は業者としての立場で「お施主様」と打ち合わせをしています。

そう・・・私は両方の立場を経験したのです。
(良いんだか悪いんだか?)
・・・が、建てた頃の私を思い出すと今でも
「あ~、何て無知だったん
だろう」
とか「あの時こうすればよかった」とか「何てわがまま
だったのだろう」
とかいろんなことが思い出されます。
住まいを建てたり、リフォームしたことのある人から、
よく聞く言葉ですよね。

その時の担当の設計士は女性の方で、いろんなプランを
作成して来てくれました。
でもそれは一般に言う、ごくごく
「普通」のプラン(間取り)でした。

元々、10代の頃から私は「インテリア」が趣味のようにしてて、
いろんな「間取り」(平面図)を見ていろんなインテリアを
空想するのが大好きでした。インテリア雑誌も買いまくってました。
そのせいか「普通」と思える間取りに
失礼なんですけど
つまらなさを感じてしまったようです・・・。

そこで、設計士に頼み込んで簡単な図面の引き方を教えてもらい
急遽、このド素人の私が間取りを作成することになったのです。
徹夜が何日も続いて、半分ノイローゼになりそうでしたけど
何とか理想の間取り(少なくともその時点では)を
完成させることができました。

続きを読む "施主と業者の立場から見た建築(新築とリフォーム) VOL.1"

| | コメント (8) | トラックバック (0)